JIMS社団法人経営労働協会
 
JIMSについて
 
プロフィール
運営・組織
定款
決算書類
リンク集
   
ホーム サイトマップ
 
JIMLS
 
ホームJIMLSからのお知らせ > ’08年度懸賞論文入賞者 お知らせ一覧

’08年度懸賞論文入賞者


 社団法人経営労働協会は、第38回経営労働研究全国大会に合わせて、平成20年4月から6ヵ月間にわたり、『職場のセーフティネットと企業人事の活性化』を課題として懸賞論文を公募しました。応募は去る9月10日に締め切られ、応募総数36遍の中から、関満博氏(一橋大学大学院教授)を主審査とする審査団により、慎重かつ公正な審査を行い、入賞者を決定しました。
表彰式と賞状・賞金の授与は、去る10月26日に第38回経営労働研究全国大会(別掲)の会場で行われ、審査の経過と講評のあと、第1席に入賞した田中ひろみ氏により論文の発表が行われました。入賞論文と入賞者は以下のとおり

 
第1席 賞状、賞金20万円 及び「月刊経営労働」1年間贈呈
「職場のセーフティネットと企業人事の活性化」
働き盛り労働者を中心とした企業人事の活性化に向けて・・・
田中 ひろみ(東京都品川区在住)
 
第2席 賞状、賞金10万円 及び「月刊経営労働」1年間贈呈
「職場のセーフティネットと企業人事の活性化」
塩野目 剛亮(茨城県つくば市在住)
 
第3席 賞状、賞金5万円 及び「月刊経営労働」1年間贈呈
「企業と労働者の生き生きプラン」について」
戸田 悦造(兵庫県豊岡市在住)
 
佳作 賞状、賞金2万円 及び「月刊経営労働」1年間贈呈
(1)「職場のセーフティネットと企業人事の活性化」
齋藤 剛、石川 邦雄(東京都八王子市在住)
(2)心の健康維持に係る職場のセーフティネットと企業人事の活性化」
―積極的メンタルヘルスケア・ドッグローテーションシステム試論―
林 雅彦(東京都世田谷区在住)
 




 
 
   
©2013 Japan Institute of Management and Labour Science Inc. All rights reserved.     個人情報保護方針